FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本の科学技術研究の現場を破壊する無期転換逃れ目的の有期雇用スタッフ雇い止めにストップを!院内集会

日本の科学技術研究の現場を破壊する無期転換逃れ目的の有期雇用スタッフ雇い止めにストップを!院内集会(仮称)

 2012年改正労働契約法による無期転換ルールが本格発動する2018年4月を目前に控え、理化学研究所など、日本の先端的な科学技術研究を担う独立行政法人で、研究活動の遂行に不可欠な事務支援業務に従事する有期雇用職員の大量雇い止めが進行しつつあることが明らかになりました。
 科学技術研究はチームの力で遂行されるものであり、脱法的な「無期転換逃れ」のために経験豊富なスタッフが職場を追われ、研究遂行のための環境が破壊される事態は、有期雇用労働者の雇用安定という点からのみならず、国際的地位低下が危惧される日本の科学研究の振興の点からも決して許されません。この集会では、雇い止めの実態と対抗する取り組みの報告を行い、政治、行政、また世論に緊急の支援を訴えます。
 また、国立大学での有期雇用職員雇い止め問題はこれまで国会審議、マスコミ報道など世論の後押しも受けて改正労契法の趣旨に沿った無期転換の方向に舵を切る大学法人が増えつつありますが、一方で無期転換を逃れる方針に固執するものも未だ多い現状です。問題が生じてきた構造は研究機関での雇い止め問題と共通点が多いことから、参照事例として国立大学での雇い止め阻止、無期転換促進の取り組みの最新状況を報告します。
 さらに、ポスト「2018年問題」の動きとして、一部私立大学などで非常勤講師の授業担当枠そのものの廃止で非正規雇用問題を「解決」しようとするものがあります。この問題と取り組みを報告します。

【日時】2018年2月14日(水)16時~18時(予定)
【会場】参議院議員会館B109会議室→地図
【次第】○理化学研究所アシスタント、事務業務員雇い止め問題
    ○研究開発独法での雇い止め
    ○国立大学有期雇用職員の無期転換促進の取り組み
    ○日本大学等非常勤講師の雇用危機


【共催】理研労,筑波学研労協,東大職組,首都圏大学非常勤講師組合,東北非正規職員組合ほか大学・独法関係から参加予定
スポンサーサイト

テーマ : 短大・大学
ジャンル : 学校・教育

アクセスカウンター
プロフィール

日大ユニオン

Author:日大ユニオン
首都圏大学非常勤講師組合加入案内

日本大学が非常勤講師の大量雇い止めを始めました。至急当組合にご相談ください。The Union makes us strong.

twitter
twitter(English)
首都圏大学非常勤講師組合
日大ユニオン準備会連絡先
●代表 志田 慎 (生物資源科・経済学部) mcts08あっとgmail.com
●副代表・代行 井上悦男 (文理・法・商・危機管理学部) inoue_etsuo4949あっとyahoo.co.jp
●事務局次長 今井 拓 (経済学部) 電話090-4006-2990 taku_imai_あっとhotmail.com
●真砂(マナゴ)久晃 (文理・危機管理・スポーツ科学部) er9h-mngあっとasahi-net.or.jp

最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学校・教育
1442位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
学校
392位
アクセスランキングを見る>>
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。